【一人旅】箱根宮ノ下の「箱根つたや旅館」に泊まってきた【ワーケーションにもおすすめ】

旅行
スポンサーリンク

2022年1月中旬に、箱根の宮ノ下にある「箱根つたや旅館」さんに泊まってきたので、今回はその宿泊記を書いていきたいと思います。

とても素敵なところだったので、箱根に旅行される予定のある方は参考にどうぞ。

スポンサーリンク

宿泊概要

宿泊施設名箱根つたや旅館
住所〒250-0403
神奈川県足柄下郡箱根町底倉240−1
宿泊日2022年1月中旬
宿泊した部屋タイプ籠床(カプセルホテルのようなキャビンタイプの部屋)
料金1泊2日素泊まり 4,845円(税込み) + 歯ブラシ50円
予約サイトAgoda

部屋のタイプは和室(2~3名)、洋室(2~3名)のほかに、和洋室(2~6名)もあり家族などで泊まることもできます。

僕は今回一人旅だったので、キャビンタイプの籠床(かごどこ)を選びました。

場所

宮ノ下駅から徒歩10分程度のところにあります。

駅から旅館までには色々なお店やカフェが並んでいるので、旅館を目指しつつ観光しながら楽しむことができます。

泊まってみた感想

実際に泊まってみた感想は以下のとおり。

良かったところ

・2019年11月にオープンしたばかりなので、建物全体が新しくてきれい
・広くてのんびりできるラウンジが24時間使用可能
・店員さんの対応がとても丁寧
・温泉・露天風呂付き
・部屋(籠床)はキャビンタイプながらも広くて快適

イマイチだったところ

・特になし。
 しいて言うなら、宮ノ下駅から旅館まで若干の上り坂があるくらい?

今回の宿に関しては不満はほとんどなく、とても快適な1泊2日でした。

宮ノ下にはほかにも色々と旅館がありますが、一般的なゲストハウスと同じ値段感でこの内容はめちゃくちゃコスパが良いと思います。

宿泊記

最寄り駅~宿

当日は昼前に東京を出発して小田原乗り換え、箱根湯本まで行ってそこから箱根登山鉄道で宮ノ下を目指しました。

実は人生初の小田原でした(そして乗り換えただけ笑)

宮ノ下に着いたら、宿に向かう前に駅前のカフェに寄っていきます。

こちらのNARAYA CAFE」さんは、孤独のグルメ Season4 第3話「神奈川県足柄下郡箱根町のステーキ丼」にも出てきており、ギャラリーや足湯も併設されています。

NARAYA CAFEさん名物の「ならやん」(ひょうたん型の最中)

カフェで一息ついたらいざ宿へ!

...とその前に、道中に雰囲気の良い神社がいくつかあったので、お散歩がてら寄ってみました。

さすが温泉地だけあって、神社には温泉にまつわる神様が祀られていることが多いみたいですね。

外観

色々ありましたがようやく今夜の宿へ。

もうすっかり日が暮れてしまいましたが、そのおかげもあってか宿の周りがライトアップされ、とても素敵な雰囲気になっていました。

佇まいが素敵

館内

チェックインを済ませたら部屋に荷物を置き、そのまま館内を探索。

エントランスをはじめ、宿泊部屋、ラウンジ、キッチン、廊下、トイレや水回りなど、あらゆる場所がきれい&清潔に保たれていて、とても気持ちの良い空間です。

こちらの画像は公式サイトより。エントランスからしてもう素敵
こちらの画像は公式サイトより。壁一面の紅葉の装飾が映える
広々としたラウンジは24時間使用できます
畳のお部屋にはこたつも完備
キッチンも併設。こちらでお茶やコーヒーを飲んだり、ちょっとした料理なんかもできます。その他、冷蔵庫やトースター、電気ケトルやミキサーなど設備も充実

部屋

ついでに今回泊まった「籠床」もご紹介。

一般的なカプセルホテルの部屋と比べると1.5倍くらい広く、めちゃくちゃ快適に過ごせました。

木の温もりを感じる部屋は、とても広々。服を掛ける場所やハンガーもあります
枕元には荷物を置けるスペースに加え貴重品ボックス、コンセント(LANケーブル含む)、照明の調節スイッチ、携帯用ライトなどなど

部屋に鍵をかけることはできませんが、籠床がある宿泊用エリアにはカードキーを使って入るので、セキュリティもある程度は確保されます。

温泉

つたや旅館さんには、ゲストハウスとしては珍しい天然温泉・露天風呂もついています。

洗い場は内湯のみ、シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、化粧水、ドライヤーといった基本的なアメニティはすべて揃っており、タオル1枚で気軽に入ることができます。

こちらの画像は公式サイトより。内湯は広々としてゆったりと浸かることができます
露天風呂は大浴場とは別に、渡り廊下と階段を通った場所にあります
こちらの画像は公式サイトより。周りを山や川に囲まれた露天風呂は解放感抜群

宿周辺のお店

宿泊中に寄った宿周辺のお店をご紹介します。

今回はいくつかのお店をはしごしましたが、どのお店も雰囲気が良い&料理がおいしく、良い時間を過ごすことができました。

【1件目】鮨 みやふじ

1日目の夜、まず最初に訪れたのは地元で人気なお寿司屋さんの「鮨 みやふじ」さん。

名物の「元祖アジ丼」もさることながら、個人的にはトロタク巻きが完全最優秀賞でした(?)

昔ながらの趣のあるお店の入り口が良き
一番人気の「みやふじ御膳」2,200円(税込み)

【2件目】American Diner & Bar, Funny’s

そのままふらっと2件目に立ち寄ったのは、入り口からアメリカンな雰囲気が漂う「American Diner & Bar, Funny’s」さん。

お手頃価格で気軽に美味しいカクテルや料理が楽しめるバーです。

こちらの画像は公式サイトより。この雑多な感じが良いですよね
この「アンチョビポテト」がめちゃくちゃ美味しかったので皆さんもぜひ
こちらもめっちゃ美味しかったお酒(何だったかは忘れた)

【3件目】麺398-1

こちらは2日目のお昼にお邪魔した麺398-1」さん。

ラーメンは「塩」と「醤油」の2種類があり、僕は期間限定で提供されていた「合鴨麺」を塩でいただきました。

期間限定「合鴨麺(塩)」980円(税込み)。合鴨の香ばしい香りと 出汁の効いたあっさり塩スープが美味い

【4件目】ベーカリー&スイーツ ピコット

帰る直前、最後に訪れたのはベーカリー&スイーツ ピコット」さん。

こちらは富士屋ホテルがやっているパン屋さんで、富士屋ホテル自慢の焼きたてのパンや手作りスイーツが味わえます。

「エンゼルケーキ」700円(税込み)とカフェラテを注文。木でできたナイフとフォークが可愛い

このほかにも駅や宿周辺には魅力的な居酒屋さんやカフェがたくさんあり、基本的に食べる&飲むには困らないと思います。

今回紹介したお店と駅~宿の位置関係はこんな感じ

まとめ

以上、箱根宮ノ下の「箱根つたや旅館」さんの宿泊記でした。

今回初めて箱根に訪れましたが、風情のある温泉地という感じでのんびりできました。

また機会があれば遊びに行きたいと思います。

次回の旅はこちら。

タイトルとURLをコピーしました