>> プロフィール詳細はこちら

【Visual Studio Code】選択したファイルにフォーカスされないように設定する方法

手順解説

VSCodeでファイルを選択すると、そのファイルにフォーカスされてエクスプローラーのツリーメニューでフォルダが開かれるのがわずらわしいな~

設定で選択したファイルにフォーカスされないようにできないかな?

こんな疑問を解決していきます。

今回はソースコードエディタであるVisual Studio Code(以下VSCode)の設定のお話です。

VSCodeを使っていると、開いているファイルをタブから選択するたびにエクスプローラーのツリーメニュー内でいちいちそのファイルにフォーカスされ、フォルダが勝手に開かれたりして鬱陶しい...と思ったことはありませんか?

例えば以下のようなフォルダ構造の時、「test_1.txt」「test_4.txt」をそれぞれ選択すると、「folder_1」「folder_2」を閉じている状態でも勝手に開かれ、それぞれのファイルにフォーカスされてしまいます。

この設定をOFFにして、選択したファイルにフォーカスされないようにする方法を紹介します。

選択したファイルにフォーカスされない設定にする方法

設定画面から設定する方法

設定は3ステップでめちゃくちゃ簡単にできます。

①「ファイル」>「ユーザー設定」>「設定」から設定画面を開く。

Windowsなら「Ctrl+,」、Macなら「Command+,」のショートカットでも開けます。

②「ExplorerAutoReveal」と検索する。

今回の件に関する「Explorer: Auto Reveal」の設定が表示されます。

③設定値から「false」を選択する。

設定値は3つあり、「false」を設定すると「選択したファイルにフォーカス」がOFFになります。

設定値内容
trueツリーメニュー内でスクロール/フォーカスされます
falseツリーメニュー内でスクロール/フォーカスされません
focusNoScrollフォーカスはされますがスクロールして表示はされません

以上で設定は完了です。

設定後にタブからファイルを選択しても、それぞれのファイルにフォーカスされずフォルダも勝手に開かれないのを確認しましょう。

JSONファイルから設定する方法

設定画面からではなく、「settings.json」から設定することもできます。

①「表示」>「コマンドパレット」を表示する。

Windowsなら「Ctrl+Shift+P」、Macなら「Command+Shift+P」のショートカットでも開けます。

②「settings json」と検索し、「基本設定: ワークスペース設定を開く(JSON)」を選択する。

③「settings.json」を以下のように編集し保存する。

{
    "explorer.autoReveal": false
}

こちらの手順でも開いたファイルへのフォーカスをOFFに設定できます。

設定画面からの設定と同じく、設定後にタブからファイルを選択しても、それぞれのファイルにフォーカスされずフォルダも勝手に開かれないのを確認しましょう。

まとめ

以上、「選択したファイルにフォーカスされないようにする方法」の紹介でした。

手順が分かっていれば2,3分ほどで簡単に設定できるので、「ファイル選択時のフォーカスが鬱陶しいな~」と思っている方は、ぜひこの記事を参考にご自身のVSCodeでも設定してみてください。

タイトルとURLをコピーしました