>> プロフィール詳細はこちら

【WordPress】Twitterのフォローボタンを配置する方法

WordPress

Twitterのフォローボタンをブログのプロフィール欄に配置する方法が分からない...

プラグインとか使わないとできないのかな?

こんな疑問を解決していきます。

本記事の内容

・Twitterのフォローボタンを配置する方法

今回は自分のTwitterのフォローボタンを、ブログのプロフィール欄に配置する方法を紹介します。

ちなみにフォローボタンとは、クリックするとTwitterアカウントのフォローを促す画面を表示する以下のようなボタンのことです。

試しにボタンをクリックしてみてください。今回のために用意したテスト用アカウントをフォローする画面が表示されるかと思います。

このようなボタンはTwitter PublishというTwitter社公式のWEBツールを使うことで簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください!

Twitterのフォローボタンを配置する方法【2ステップで完了】

以下の2ステップで配置していきます。

① Twitter PublishでHTMLコードを取得する

② HTMLコードを配置する

①、②の手順を合わせても5分くらいで完了します。

また、今回は先ほどのテスト用Twitterアカウントを使って説明していきます。

①Twitter PublishでHTMLコードを取得する

まずTwitterにアクセスし、自分のTwitterアカウントのURL(=プロフィールページのURL)をコピーしておきます。

URLのフォーマットは以下の通りです。
https://twitter.com/自分のユーザー名(@以降の部分)

今回の場合は「https://twitter.com/kamalog_3」がURLになります。

Twitter Publishにアクセスし、入力ボックスに先ほどコピーしたURLを貼り付けてEnterキーを押します。

画面が下にスクロールして表示オプションの選択肢が出てくるので、右側の「Twitter Buttons」を選択します。

ボタンの種類の選択肢が出てくるので、左側の「Follow Button」を選択します。

(ちなみに右側の「Mention Button」は自分へのリプライを促すボタンです)

この時点で既にHTMLコードは生成された状態になりますが、オプション設定でデザインを変更することもできます。

上の文章の青文字になっている「set customization options」をクリックします。

設定画面が表示され、以下の値を設定できます。

① ボタン上のユーザー名の表示/非表示
② ボタンの大きさ(通常ボタン/大きいボタン)
③ 表示言語

単語だけだと分かりづらいと思うので、実際に「ユーザー名あり/なし」×「通常ボタン/大きいボタン」の組み合わせ4パターンを作ってみました。参考にしてください。

また、③の値はデフォルトで大丈夫です(プレビュー表示は英語になっていますが、それはTwitter Publishの画面が英語表示だからです)。

設定が完了したら青色の「Update」ボタンをクリックします。

コードが再生成されるので、「Copy Code」ボタンをクリックします。

「Copied!」が表示されれば、これでHTMLコードの取得は完了です!

②HTMLコードを配置する

次に、コピーしたコードをフォローボタンを表示させたい場所に配置していきます。

今回は、サイドバーのプロフィール欄の下にフォローボタンを配置する例を解説していきます。

ちなみに、サイドバープロフィールの作成方法については以下の記事で解説しているので、「プロフィール欄をまだ作ってない!」という方は、あわせて参考にしてみてください。

WordPress管理画面の左メニューから、「外観」>「ウィジェット」と選択します。

「利用できるウィジェット」の欄から「カスタムHTML」をクリックし、「サイドバー」を選択して「ウィジェットを追加」をクリックすると、サイドバーにカスタムHTMLが追加されます。

追加したカスタムHTMLはデフォルトでサイドバーの一番下に配置されるので、ドラッグ&ドロップでプロフィール欄の下に移動します。

カスタムHTMLの編集ですが、今回はプロフィール欄の下に配置するので「タイトル」は空欄のままで大丈夫です。

「内容」の欄に先ほど取得しておいたHTMLコードを貼り付け、最後に「保存」ボタンをクリックします。

ここまででHTMLコードの配置は完了ですが、実際に表示を確認してみると(WordPressテーマにもよりますが)多くの場合は左端にずれて表示されてしまっていると思います。

そういった場合は、先ほど貼り付けたコードを以下のように<a>タグを<div>タグで囲って、クラスをつけて中央表示にしてあげてください。

<div style="text-align: center;">
<a href="https://twitter.com/kamalog_3?ref_src=twsrc%5Etfw" class="twitter-follow-button" data-size="large" data-show-count="false">Follow @kamalog_3</a>
</div>
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

もう一度表示を確認し、中央に表示されていれば完成です!

以上、Twitterのフォローボタンをブログのプロフィール欄に配置する方法の紹介でした。

ブログとSNSを連動する際、プロフィール欄の下などの目の付くところにフォローボタンを表示していれば、読者を自然にTwitterのフォローの導線に乗せられるのでおすすめです。

また、今回使用したTwitter Publishですが、同じような流れでTwitterのタイムラインを配置することもできます。詳細は以下の記事を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました