>> プロフィール詳細はこちら

【WordPress】Twitterのタイムラインを配置する方法

WordPress

Twitterのタイムラインをブログのサイドバーやフッターに配置する方法が分からない...

プラグインとか使わないとできないのかな?

こんな疑問を解決していきます。

本記事の内容

・Twitterのタイムラインを配置する方法

今回は自分のTwitterのタイムラインを、ブログのサイドバーやフッターなどに配置する方法を紹介します。

Twitter PublishというTwitter社公式のWEBツールを使うことで簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください!

Twitterのタイムラインを配置する方法【2ステップで完了】

以下の2ステップで配置していきます。

① Twitter PublishでHTMLコードを取得する

② HTMLコードを配置する

①、②の手順を合わせても5分くらいで完了します。

また、今回はこちらのテスト用のTwitterアカウントを使って説明していきます。

①Twitter PublishでHTMLコードを取得する

まずTwitterにアクセスし、自分のTwitterアカウントのURL(=プロフィールページのURL)をコピーしておきます。

URLのフォーマットは以下の通りです。
https://twitter.com/自分のユーザー名(@以降の部分)

今回の場合は「https://twitter.com/kamalog_3」がURLになります。

Twitter Publishにアクセスし、入力ボックスに先ほどコピーしたURLを貼り付けてEnterキーを押します。

画面が下にスクロールして表示オプションの選択肢が出てくるので、左側の「Embedded Timeline(埋め込みタイムライン)」を選択します。

また画面が下にスクロールします。

この時点で既にHTMLコードは生成された状態になりますが、デフォルトの設定値だとタイムライン上に表示されるツイートが直近の20件になり、高さがかなり大きくなってしまうのでカスタマイズしましょう。

上の文章の青文字になっている「set customization options」をクリックします。

設定画面が表示され、以下の値を設定できます。

① タイムラインの高さ
② タイムラインの横幅
③ タイムラインの配色(Light/Dark)
④ 表示言語

主に設定するのは①の高さです。

1ツイートの長さにもよりますが、500~600pxがおすすめですね。あとは実物を見つつ微調整するのが良いと思います。

②の横幅に関しては配置したときに自動調整されるので、サイドバーやフッターに配置する場合は特に指定する必要はありません。

③は背景を白 or 黒に変更できます。そのままの表示で良い場合は「Light」でOKです。

④の値もデフォルトで大丈夫です(プレビュー表示は英語になっていますが、それはTwitter Publishの画面が英語表示だからです)。

設定が完了したら青色の「Update」ボタンをクリックします。

コードが再生成されるので、「Copy Code」ボタンをクリックします。

「Copied!」が表示されれば、これでHTMLコードの取得は完了です!

②HTMLコードを配置する

次に、コピーしたコードをタイムラインを表示させたい場所に配置していきます。

「サイドバー」と「フッター」どちらに配置する場合でも、手順は同じです。

WordPress管理画面の左メニューから、「外観」>「ウィジェット」と選択します。

「利用できるウィジェット」の欄から「カスタムHTML」をクリックし、配置する場所を選択します。

サイドバーに配置する場合:「サイドバー」を選択

フッターに配置する場合:「フッター左 / 中 / 右」のどれかを選択

最後に「ウィジェットを追加」をクリックすると、選択した場所にカスタムHTMLが追加されます。

今回は、サイドバーに配置します。

「タイトル」を入力します。タイトルは、サイドバーやフッターの見出しとして表示されます。

今回は「Twitter」とします。

「内容」の欄に先ほど取得しておいたHTMLコードを貼り付け、最後に「保存」ボタンをクリックします

これでHTMLコードの配置は完了です!

最後に、表示確認をしてみましょう。

サイドバーに配置した場合の表示例

ちゃんと表示されていますね。

高さ500pxだとこのような感じです。高さを調整したい場合は、HTMLコードの取得に戻ってコードの再生成を行ってください。

また、デフォルトでカスタムHTMLはサイドバーの一番下に配置されますが、違う場所に配置したいという場合は先ほどのサイドバーウィジェットにてドラッグ&ドロップで好きな場所に配置できます。

フッターに配置した場合の表示例

こちらもちゃんと表示されています。

フッターに配置する場合でも、他の項目の高さにもよりますが500~600pxくらいがちょうどよいかと思います。

以上、Twitterのタイムラインをブログのサイドバーやフッターなどに配置する方法の紹介でした。

ブログとSNSを連動する際、サイドバーなどの目の付くところにタイムラインを表示していれば、どんなツイートをしている人なのか?が分かりやすくなるのでおすすめです。

また、今回使用したTwitter Publishですが、同じような流れでTwitterのフォローボタンを配置することもできます。

詳細は以下の記事を参照してください。

タイトルとURLをコピーしました